TOP > 美容整形 > 二重整形 > 二重整形埋没法での二重まぶたアフターケアについて

二重整形埋没法での二重まぶたアフターケアについて

二重整形で二重まぶたにした場合には、アフターケアをすることで手術後のダウンタイムの短縮に繋げることができます。

二重埋没法は、手軽にできる二重整形で、アフターケアも他の施術と比較すると簡単です。

埋没法はメスを使用しない施術なのでケアも必要なく、二重整形施術後は多少腫れますが、数日で腫れはひき、綺麗な二重になります。さらに早めに腫れをひかせるためには、自宅で保冷剤などでまぶたを冷やすと良いです。

二重整形埋没法は腫れなどが少ない施術法で術後のケアも特に必要ありませんが、施術後はまぶたはデリケートな状態です。術後のまぶたに直射日光があたることは避けたり、体温を高くすることを避けるため、お風呂に入浴するのではなくシャワーで済ませます。

また化粧などでまぶたを強い負荷をかけないようにします。

二重整形関連

埋没法の二重整形、取れてしまう前兆は?

埋没法は二重整形の中でも気軽に受けることができて、かつ綺麗な二重まぶたをゲットすることができるという面で非常に人気のある施術です。しかし永久性がなく、途中でとれてしまう人もかなりの割合いると言われています。では二重まぶたが落ちてきてしまう前兆などがあったりするものなのでしょうか?

まずすぐに感じることができる前兆としてはまぶたが重くなってきたと感じるといったことや、二重幅が狭くなってきたということが挙げられます。また日によっては二重のラインが消えてしまうようなことがあれば、かなりまぶたが落ちてきている証拠ですので、病院へ一度行ってみるといいでしょう。

二重整形のリスクについて知っておこう

憧れの二重まぶたになりたくて、二重整形を考えて、実際に施術を受ける前に美容整形を受けることのリスクをしっかり考えておきましょう。最近ではかなり技術も上がってきていますのでそこまでの失敗やトラブルを聞くことが少なくなりました。

それでも一握りの失敗はあります。では具体的にはどういった失敗が見受けられるのでしょうか?まずよく聞かれるのは、まぶたが腫れてしまって元に戻らなくなってしまったといったことや、埋没法の場合テープにかぶれてしまったという話をよく聞きます。またまぶたが開きにくくなってしまったというような話も聞きますのでそういったリスクがあるということをわかった上で施術を受ける必要があります。

二重整形ってその日にすぐに受けられるものか

美容整形の多くが、一度カウンセリングをしてその後に施術を受けるようなタイプが多いのですが二重整形も同じように一度カウンセリングをして検査をして後日施術を受けることができるというタイプなのでしょうか?実は二重まぶたを入手するための施術に関しては特に検査などが必要なく、施術時間もそこまで長くないため最初に予約したその日にそのまま施術を受けることができる場合もあります。

もしかしたらそのまま施術を受けることができるかもしれないということを考えて、カウンセリングの前日などは禁酒禁煙をしておくと安心です。メイクも落としていきましょう。

二重整形(埋没法)って外れたら痛いの?

二重整形でよく使用される埋没法ですがこちらは専用の糸を利用して二重まぶたを作っていくことになります。しかし糸でとめているだけという形になりますので、アイプチよりはかなりしっかりとした二重まぶたが作れますが、永久性がなく途中で糸が外れてしまう人もいるようです。

ではこの外れる際には痛みなどを感じてしまうものなのでしょうか?何かしら衝撃を与えた際にはいきなり「プチン」と切れてしまうようなこともありますが、多くの場合にはだんだん緩くなっていくことが多いようです。またいきなり切れた場合も、だんだん緩んでいく場合も糸が切れることによって感じる痛みは特にありません。

MENU

HOME 鼻整形の隆鼻術の安全性 鼻整形 二重整形 二重整形で失敗しない二重まぶたを実現 メスを使用する美容整形